Blog Webサービス

GoogleAdSenseの審査を通過するコツはウソだらけ

2016/04/14

ようやくAdSenseの審査を通過することができ、このブログに広告が掲載され始めました。

(ようやくと言う理由は、はてなブログを利用していた1ヶ月間は審査に落ちまくっていたため。)

adsense審査に通過するためのコツだとか注意点は調べている中で、多少ニュアンスが違う言い方だったり、全然違うものだったり様々な情報を見てきましたが、信頼性の無い情報も多いなと審査に通過して実感しました。

  • 〜しない方が良い「◯」
  • 〜してはいけない「×」

言い方についてはこれが正しいと思います。規約を違反してるものについては当然アウトですが、コツに対して「〜してはいけない」はどうなのかと思います。

では僕がadsenseの審査を通過できた方法をネットで出回っている情報と比較しながらご紹介します。

 

スポンサーリンク

画像の使用はOK

僕が申請した時点では全5記事に画像を使用していました。動画はゼロ。

全記事にアイキャッチ画像、1記事のみ1枚スクリーンショットを貼り付けていました。

adsense通過のコツとして恐らく1番多く見られるのが「画像の使用」に関してではないでしょうか。

  • 画像を使ってはいけない「×」
  • 画像を使わないほうが良い「△」
  • 画像を多く使わない方が良い「◯」

正しくはこうかと。なぜこの結論に至ったかというと、はてなブログで審査に落ちまくっていた時は、大量の画像を使用した記事をいくつもupしていたため。

つまり「画像を使いまくる」のは良くない可能性が高いが、アイキャッチ画像ぐらいなら全然問題ないということ。

画像を使用しても審査に通過した報告をちらほら見かけます。

そもそもadsenseの審査に落ちて改善の内容が記されたメールが届いた人はおわかりでしょう、「画像、動画は使用しないでください」なんて一言も言っていないのです。

 

内部・外部リンクの使用は△

今回は内部・外部リンクがゼロの状態で申請したので、リンクの貼り付けの影響度は正確にわかりません。

ただ、はてなブログで審査に落ちまくっていた時は画像と共に内部・外部リンクも使いまくっていました。

恐らく過度の使用は避けるべきということでしょうか。

 

記事数・文字数・更新頻度など

必要な記事数は5とか10とか、文字数は500とか800とか1000だとか、毎日更新するべきだとか、記事数・文字数・更新頻度に対しての曖昧さがネット上で数多く出回っています。

参考までに、このブログが審査に通過できた時点の内容は以下の通り。

  • 記事数は全部で「5」
  • 文字数は平均約「1600」
  • 毎日更新していない

文字数に関しては楽々クリアですが、記事数や更新頻度は審査通過のためにはあまり良くないとされている内容です。

しかし通過できたもんは通過できたんです。

これらはあくまで「目安」と謳ってるものに関しては良いですが、はっきり「ダメ」と明言する内容に関しては良くないですね。

 

その他・審査で見られそうなポイント

上記の他に「僕が実際にやったこと・やっておいた方が良いこと」をご紹介しておきます。

  • 全てオリジナルのコンテンツ
  • グローバルナビメニューの設置
  • adsense以外のアフィリエイトリンクは一切無し
  • サイト運営者情報・お問い合わせ先を記載

 

 

上記で実際にこのブログが審査に通過できたブログの状態をご紹介しましたが、あくまで「通過できる可能性がある」という点に注意してください。

僕が1つ言いたいのは検索結果に「〜しない方が良い」ではなく、「〜してはいけない」があまりにも多いと思いました。

それと「絶対に通過したいならこうしなさい」という内容もちらほら見かけますが、adsenseの申請は何度でも可能ですから、そんな1度きりみたいな言い方は間違ってると思います。

勝手な自己判断や他人の情報を丸々引用したようなコンテンツが多く出回っているために今回のこの記事で「実際の経験」を紹介したかったのです。

意外にもコツや注意点を紹介するだけで、実際に自分が通過するために行った内容まで紹介してる方って少ないんですよね。

Googleの社員じゃないんだから、コツや注意点を紹介するよりも実際に行ったことを紹介する方がためになると思うんですがね。

ネットで出回っている情報に従って頭を悩ませて記事を書くことが面倒になるなんてことにはなってほしくないです。

 

さてさて、初の広告掲載ができてブログへのモチベがめちゃくちゃ高いです。

たくさん記事書くぞ!

▶関連記事:たった1ヶ月ではてなブログからWordPressへ移行した理由

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で Yui を

-Blog, Webサービス