iPhone

iPhone 7をクレカ決済後にAppleローンに変更を試みたがダメだった話

Apple ショッピングローン

まさにタイトル通りだが、人によっては「当たり前」で終わる話かもしれない。

念のため経験談として記しておくので、今後誰かの参考になっていることを願う。ついでにApple ショッピングローンに関するメリット・デメリットも解説しておく。

2016年9月9日「iPhone 7 Plus」を予約開始3分で予約したのだが、早急な確保に頭がいっぱいで予定していた「Apple ショッピングローン」による支払い申し込みをすっかり忘れていた。

(後に、審査の待ち時間により商品受け取りが遅れることを知り、結果オーライとなるが。)

Appleオンラインサイトで購入したiPhone 7は既にクレジットカードで決済してしまっていたため、Apple ショッピングローンによる支払いに変更できるのか、Appleカスタマーサポートに問い合わせてみたところ、結果として変更は不可能

僕は学生なのでiPhone 7 Plusを一括払いするのは痛手ではあるが、分割払いによる利子を無駄に支払いたくないのでまだ一括の方が良いと思っている。

スポンサーリンク

そもそも「Apple ショッピングローン」とは?

apple.com、またはお近くのApple Storeで合計30,000円(税込)以上購入すると、ショッピングローンを12回払いまで実質年率0%でご利用いただけます。金利手数料はAppleが負担します。

Appleで購入した商品の分割払いが12回払いまで金利0%というとてもありがたいキャンペーン。

ちなみに大手、楽天カードの分割払いの金利を見てみると

楽天カード

仮に12回払いの時の利子分を計算してみると、僕の購入したiPhone 7 Plus 32GBで ¥92,664 × (8.16/100円)= ¥7,344(計 ¥100,008)と、無駄に ¥7,344も支払わなければならなく、いかに金利0%キャンペーンがお得か理解できる。

▼¥92,664だと12回払いの場合、毎月¥8,000円以下で済む(通信料などは別)ので、一括で10万円近く払うのが厳しいという方には嬉しいキャンペーンだろう。

オリコ

「Apple ショッピングローン」利用するべき?

ここまで金利0%であることのメリットをお伝えしてきたが、絶対に利用するべきでもないのだ。

ショッピングローンのお申込みの流れとして

  1. お申込み
  2. 審査・ご本人様確認
  3. ご注文の成立
  4. お支払の開始

とあるが、注文成立の前に審査を挟むことになる。つまり、審査の間は待つことになる。

審査結果は当日、もしくは翌日とされているが、毎年恒例のiPhone予約開始直後みたいな争奪戦になる時なんかは特に向いていない、より早く注文を完了させた方が良いからだ。

なので既に販売されていて製品で特に急いでもいない場合は、検討してみても良いだろう。

Apple Storeで既に販売されている製品を購入したならば、当日中に契約が成立し、当日中に製品を持ち帰ることも可能。

ということで、Apple ショッピングローンには良い点も悪い点もあるが、もしキャンペーンを利用するならば、僕のように先にクレジットカードなどで決済してしまうと変更はできないので注意しておこう。

ショッピングローン分割金利0%キャンペーン - Apple(日本)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で Yui を

-iPhone