App Macアプリ

Kindle for Macの使い方。Macで電子書籍を読む!

2016/08/09

Kindle for MacはAmazonで購入した電子書籍を読むために利用するアプリで、Amazonが無料で公開しています。

そのKindle for Macのインストールから実際に電子書籍を読むまでの設定方法や使い方などを紹介します。

アプリ自体は無料ですし、コンテンツも無料サンプルが多数配信されていますので、気軽に試してみると良いと思います。

 

スポンサーリンク

Kindle for Macの設定方法

▼まずはインストールから。AmazonのダウンロードページからEメールでダウンロードリンクを受信するか直接ダウンロードするかを選択します。ここは直接ダウンロードで良いと思います。MacのApp Storeには無いですよ!

Kindle for Macインストール

▼Kindle for Macをアプリケーションフォルダにドラッグしてインストール完了です。

Kindle for Macインストール

コンテンツを購入

インストールが完了したら、AmazonのKindleストアからコンテンツを購入します。

▼Kindleストアで自分の購入したい商品のページにいき、必ず「Kindle版」になっているか確認してください。Kindle版になっていると右側の購入ボタンの下に「配信先」というのがありますので、これを「◯◯さん(自分)のKindle for Mac」に設定してください。配信先に関しては同じAmazonアカウントであれば全ての端末で同期されますので、特に心配する必要はありません。

Kindleストアでコンテンツを購入

▼購入が完了したら、Kindle for Macにて購入後のコンテンツをダブルクリックか右クリックでダウンロードします。ちなみにダウンロードにかかる時間が結構長いです。

Kindle for Macでコンテンツをダウンロード

 

Kindle for Macの使い方

▼実際に本を読む画面です。いきなり本のタイトルが変わっていますが、気にしないでください。では各ボタンの役割を解説します。

Kindle for Mac コンテンツ画面

▶①:目次

▶②:1つ前に表示していたページに移動

▶③:読み進めた最後のページに同期

▶④:本のページまたは位置Noに移動(下記で詳しく解説)

▶⑤:テキストを見開きで表示(下記で詳しく解説)

▶⑥:ズーム倍率の設定

各項目を詳しく解説

▼④「移動」⇒「位置No...」とやると、自分の好きなページにすぐに移動できます。

Kindle for Mac 位置Noへ移動

▼⑤のボタンを押すと、本来の本のような見開き表示も当然可能です。

Kindle for Mac 見開き表示

 

Kindle for Macの使用感

Amazonが有料で販売しているKindle端末を購入しなくてもMacですぐにKindleが利用できてしまう、しかも無料ということで大変ありがたいことではあります。

しかし各動作の遅さ、カクつきがそこそこあるのが気になるかなと。

僕は勉強する場面でしか本は読みませんが、実際の本だと押さえていないとページを固定出来ないのがすごい嫌なので、電子書籍を利用しています。

しかしページをあちこち移動する際、特に問題集とかだと答え合わせをする時が不便だったり、直接書き込めなかったりと不満な点もまだまだあります。

これに関しては1ページ目から読み進めていく小説やマンガであれば問題無いですが、Kindleを利用して勉強するのはあまり向いていないかもしれません。

最後にもう1度言いますが、アプリは無料でコンテンツも無料サンプルが多数配信されていますので、どんどん試してみると良いと思います!

Kindle 無料読書アプリを今すぐダウンロード

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で Yui を

-App, Macアプリ