Mac Macの使い方

Macの計算機をアプリを開かずに最速で使う方法

Macで作業中にいちいち計算機アプリを開いてから計算するのはもうやめましょう。

今回の操作を覚えれば、計算をするのに計算機アプリを開く必要が全く無くなります

2パターンの操作を紹介します。どちらも速度は大差ないので、個人の好みや慣れで決めると良いかと思います。

 

スポンサーリンク

Macの計算機を最速で使う方法

▼例としてMacのデスクトップ画面。画面はなにを開いていても大丈夫です。ここから・・・

Macデスクトップ

▼2本指で右端から左にスワイプして「通知センター」を出すと一瞬にして計算機が現れ、キーボードで数字を入力したらすぐに計算し始めることができます。

Macデスクトップ

この操作を行うための簡単な2ステップの手順を解説します。

「2本指で右端から左にスワイプ」する操作を有効にする

▼「システム環境設定」>「トラックパッド」をクリックします。「トラックパッド」>「その他のジェスチャ」の中の項目の「通知センター」のボックスにチェックを入れます。これで2本指スワイプ操作で通知センターを出すことができます。

Macトラックパッド

通知センターに計算機を追加する

▼通知センターを出すと1番下に「編集」のボタンがありますので、これをクリック。

Mac通知センター

▼続いて「計算機」の項目の「+」をクリックすると通知センターに計算機が追加されますので、「完了」をクリックして終了です。

Mac通知センター

 

Macの計算機を最速で使う方法(パターン2)

次は「Dashboard(以下:ダッシュボード)」を使用して計算機を使う方法です。これも最速の方法と時間の差はほぼ無いです。

▼「F12(または fn + F12)」や3本指で左にスワイプ(これらの操作は後ほど説明)すると「ダッシュボード」が現れ、ここでもキーボードで数字を入力するとすぐに計算を始められます。

Macダッシュボード

ダッシュボードを利用する設定

▼「システム環境設定」>「Mission Control」を選択します。「Dashboard」のポップアップメニューをクリックして「操作スペースとして表示」か「オーバーレイ表示」のどちらかを選択します。

Mac Mission Control

▼「オーバーレイ表示」というのは現在使用している画面の上にダッシュボードが出てくるようなイメージです。2つ上の画像が「操作スペースとして表示」です。

Macダッシュボード

「操作スペースとして表示」は3本指で左にスワイプか「F12(または fn + F12)」でショートカット出来るのですが、オーバーレイ表示は3本指スワイプの操作が不可能です。

▼ちなみに「ダッシュボード」はアプリアイコンをクリックしたりSpotlightで開くことも可能ですが、「最速」と謳ってる時点でこれらの方法は除外します。

Mac ダッシュボード

ダッシュボードに計算機のウィジェットを追加する

▼ダッシュボード画面の左下の「+」ボタンをクリックすると、ダッシュボード上に表示できる「ウィジェット」の一覧が表示されますので、ここから「計算機」をクリックして追加完了。

Macダッシュボード

 

以上の2つのパターンが「Macでアプリを開かずに最速で計算機を使う方法」です。

僕は通知センターの方の操作に慣れてしまっているのですが、どちらも試してみて使いやすい方を使えば良いかなと思っております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で Yui を

-Mac, Macの使い方