Mac Macの使い方

Macユーザー必見!辞書アプリの超便利な使い方3選

2016/08/09

Macに最初から導入されている「辞書」アプリは大変優秀で、毎日Macで作業する上では欠かせない存在です。

Webで検索するより圧倒的に速いし、情報量もかなり多く、ほとんどの方は有料のものを購入する必要はないでしょう。

そんなMacの辞書アプリをもっと効率的に便利に扱う方法を3つ厳選してご紹介します。

知らなかった方にとっては、これを知ったら日々の作業効率がアップするはず!

 

スポンサーリンク

ショートカットで辞書を選ぶ!

▼Macの辞書で辞書の種類を選ぶ時は「国語辞典」や「英和/和英辞典」のところにカーソルを持ってきて選ぶ方が多いと思います。

Macの辞書の種類

しかし辞典名の範囲が小さくて、カーソルを合わせる操作が多少面倒に感じる時って無いでしょうか?

そんな悩みを解決してくれるのが、以下の「キーボードショートカット」というテクニックです。

▶「⌘Command + 0(ゼロ)」=「すべて(の辞典)」

▶「⌘Command + 1」=「国語辞典」

▶「⌘Command + 2」=「英和/和英辞典」

▶「⌘Command + 3」=「Apple」

▶「⌘Command + 4」=「Wikipedia」

この操作に慣れてしまえば、辞書を選ぶ時もキーボードで操作しているのでそのまま文字を打つことが可能です。

その他の便利なショートカット

他にも覚えておくと便利なショートカットをいくつかご紹介しておきます。

▶「⌘Command + { 」=「1つ前に検索した語句に戻る」

▶「⌘Command + } 」=「1つ前に検索した語句に進む」

▶「⌘Command + N 」=「新規辞書ウインドウを作成」

▶「⌘Command + W 」=「辞書ウインドウを閉じる」

 

辞書の種類を増やす!

Macの辞書には標準で国語辞典〜Wikipediaの4種類しか出ていませんね。

しかし設定によって簡単に辞書の種類を増やすことが可能です。

▼辞書の「環境設定」を開くと、Wikipediaの下に中国語やイギリス英語(その他フランス語やポルトガル語など多数)などの辞典がたくさん出てきます!あとはチェックを入れれば標準の辞書画面で追加した辞典も使用することができます。

Macの辞書の種類を選ぶ

しかしこれらの辞典、日本なら国語辞典のように翻訳をする辞典ではないので(例:中国語⇒中国語)、使用する人はほんの一握りな気もしますが、使いたくても知らなかった方には朗報でしょう。

 

辞書を開かずに一瞬で検索!

これめちゃくちゃ重要です。

正直これは「辞書の便利な使い方」に入れるのは多少迷いましたが、これが最も便利な使い方なので是非覚えて使用することをオススメします。

▼たとえば「ブログ」という語句の意味を知りたいと思ったら、辞書のアプリを開いて「ブログ」と検索するという流れが一般的だと思います。

語句の意味を検索

▼しかしそんな手順を踏まなくても、調べたい語句(ここでは「ブログ」)の部分をドラッグして、3本指でタップするだけであっという間に語句の意味を調べることができます!まさに超便利。

語句の意味を3本指であっという間に検索

この操作にはある設定が必要なので下記で解説します。

▼「システム環境設定」の「トラックパッド」メニューを開いてください。そして「調べる&データ検出」にチェックを入れるだけで完了です。これで3本指で一瞬で語句の意味を検索できます。

トラックパッドメニュー

この3本指で調べる操作はブラウザ以外では、その他のアプリ内で出来るものと出来ないものがあります。

ちなみに例を挙げると、MacのLINEでは出来ませんでした。

 

以上がMacの辞書の便利な使い方3選です。

辞書の種類を増やすという項目は、多くの人が便利でないどころか全く利用しないかもしれませんが、知らなかった方もそれなりにいると思うので大目に見てください。

辞書だけでなくてもショートカットの操作に慣れると、作業効率がグンとアップするので、1つ1つ定着させていって作業を快適に行っていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で Yui を

-Mac, Macの使い方