iPhone iPhoneの使い方

iPhoneのSafariでパスワードを自動入力する方法

iPhoneのSafariで1度入力したパスワードを記憶させ、同じウェブサイトにアクセスした際に以前入力したパスワードを自動で入力してくれる機能の使い方、また設定したパスワードの変更・削除の方法もご紹介します。

注意自動入力を設定するということは、万が一iPhoneを落とした場合や知人が使用できる状態にある場合、つまり第三者が特定のサイト(パスワードを保存した)にアクセスした場合も自動入力されてしまうという点に注意してください。

スポンサーリンク

パスワードを自動入力するための手順

▼「設定」アプリを開き、「Safari」>「自動入力」を選択します。

iPhone設定

▼「ユーザ名とパスワード」をONにすれば完了です。

iPhone設定

 

Safariで入力したパスワードを保存する方法

上記で自動入力の設定を完了したら後はサイトで1度パスワードを入力するだけです。

▼サイトでパスワードを入力してログインすると「パスワードを保存」と表示される(写真左)ので、そのままパスワードを保存すると、次にサイトを開いた時に自動でユーザ名とパスワードが入力されるようになります(写真右)。

iPhone設定

 

設定したパスワードの変更・削除方法

▼「設定」アプリを開き、「Safari」>「パスワード」を選択します。

iPhone設定

▼「”設定“でTouch IDを使用」と求められたら指紋認証を完了させるか、指紋認証を行わない場合はとりあえず指紋認証を1度行ってから、パスワードを入力します。

iPhone設定

▼Safariに保存したパスワード一覧が表示されます。保存したパスワードを削除する場合は右上にある「編集」>削除したいサイトを選択し「削除」で完了です。

iPhone設定

保存したパスワードを変更する場合は、変更したいサイトを選択>「編集」>「パスワード」の部分を選択すると文字を入力できたり削除できるので、新しいパスワードを入力したら「完了」で完了です。

iPhone設定

 

サイトにアクセスした時に既にユーザ名とパスワードが自動入力されているのは非常に便利です。

毎回パスワードを入力するのが面倒だと思う方は是非この機能を導入してみてください。

最初の注意書きに記さていることは忘れずに読んでくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で Yui を

-iPhone, iPhoneの使い方